コンブチャ大百科~Kombucha Encyclopedia~

話題のコンブチャの様々なニュースを大公開!本当に痩せるコンブチャランキングを大公開!購入者の口コミ!実際のダイエット効果の真実をお伝えします!1ヶ月でどのくらい痩せられたのか検証しました!

美容ダイエット情報

ダイエット外来って怖くない!?メリットやデメリットは?費用や保険適用はどうなの?

更新日:

ダイエットを頑張ってるのに痩せない・・・。

お金も時間も勿体ないと感じ始めた時、ダイエット外来が気になり始める方も多いのでは?

専門的な知識をもった人が指導してくれるのは、とても心強いですよね。

ただ、費用やデメリットなど不安があり、なかなか踏み切れないケースも…。

そこで今回は、ダイエット外来について調査してみました!

何をする場所で、どれくらいの費用がかかるのか、など気になる点をまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

エステと何が違う!?ダイエット外来とは?

ダイエットをプロに頼む方法として、エステが真っ先に思い浮かぶ方も多いはず。

では、ダイエット外来はエステとどんな違いがあるのでしょうか?

簡単に説明すると、エステでは気になるときに気軽に通えるメリットがあります。

美容目的で利用される方も多いですよね。

ところが、ダイエット外来はエステのような美容を目的とした施術は行われません。

となるとダイエット外来ではどんなことをするのでしょうか。

さっそっく特徴についてみていきましょう。

 

体質改善と生活習慣の改善を行う

ダイエットを行っている中で、最も厄介なのが今まで身についてきた太りやすい習慣を改善することではないでしょうか?

食事をコントロールするにも、これまで好きなように食べてきた分だけ我慢するのが辛いですよね。

出だしが順調でも、ダイエットの成功と共に解放感から元の状態に戻ってしまう事も多くなりがち・・・。

このように、良い習慣を身に着けるのも、悪い習慣を断ち切るにも、習慣を変えることはダイエットする中でとても苦労する部分だと思います。

 

個人で習慣を変えることが難しくても、ダイエット外来なら一人よりも確実に改善できる可能性が高まります!

なぜなら、ダイエット外来では表面的な部分だけではなく、自分でも意識していなかった根本的な部分から指導が入るからです。

具体的な内容を示すと、以下のようなサポートを受けることができます。

 

  • 食事療法
  • 運動療法
  • 行動療法
  • 薬物療法

 

なかでも、食事両方では個人では難しい栄養バランスの管理から、低カロリーなダイエット向きの食材をどのように組み合わせれば良いのかまで専門的に始動を受けることができます。

人によって食事の好みがあるように、日々の食生活で補えていない栄養は違いがでてきますよね。

自分にあった適切な食事方法が身に付けられるのは、ダイエットを取り組むにあたってとても力強い知識となるのではないでしょうか。

 

また、習慣を改善していくためには食事だけでなく、行動の見直しも必要です。

そこで行動治療が入ります。

ちなみに、この治療法は心理療法に該当しており、ダイエットに対しての精神面のサポートも含まれています。

ダイエット中は我慢が多いため、ストレスが溜まり勝ちですよね。

医師と一緒に自分の行動パターンを把握することで、どうすればストレスを感じつことなくダイエットに取り組めるのか、対策を見つけ出すことが可能になります。

 

その結果、ストレスによる暴飲暴食を予防し、リバウンドのリスクを和らげることにも繋がるのです。

減量を意識するのではなく、どうすれば痩せやすい体質に変化できるのかに着目しています。

また、人によっては薬物療法を取り入れる場合もあります。

ダイエットを行うにあたって、どうしても薬に頼らなければならない時は、医師ど指導のもと適切な薬を処方してもらうようになります。

 

部分痩せ治療(外科治療含む)も可能

ダイエット外来では、気になる部分を手術によって見た目を変化させることもできます。

メジャーな内容を挙げると、脂肪吸引がありますね。

無駄な脂肪を、外側から排除することで短期間で外見を変えることができます。

ただ世に知れ渡っている脂肪吸引とは言え、手術を行うのは少し抵抗がありますよね。

 

メスを入れるとなると麻酔が必要になりますし、魅力的に見える分、不安が残ります。

ですが、近年の脂肪吸引ではメスを使用しない方法もあるんだとか。

痛みもほとんどなく、入院期間もだいぶ短くなっています。

医師の判断によっては、、施術してから次の日には仕事復帰できるそうです。

他にも、エステでお馴染みのキャビテーションなどのマシンを使用した方法もあります。

 

また、脂肪を溶かすメソセラピーと呼ばれる治療法も。

これらの方法を併用する場合もあれば、単体で行う場合もあり、個人によって治療に差がでてきます。

 

「エステと同じマシンを使うならエステでも良いのでは?」

 

と思いがちですが、ダイエット外来ではエステで使用されるマシンよりも高周波な装置を使用します。

その分、アプローチを掛ける力が強いので効果も表れやすく、専門医が適切に処理してくれるとい言った魅力があります。

 

ダイエット外来を受けられる人ってどんな人?

ダイエット外来の特徴がつかめたところで、どんな人でもダイエット外来は受けられるのか気になりますよね。

自分でも問題なく通院できるのか・・・。

実際に調べてみると、誰でも良いのかと思いきや、そうでもないんです。

専門医によってダイエットを進めていくダイエット外来では肥満の人のみが受けられます。

 

肥満でもないのに、モデルさんのようなスタイルになりたいからと言ってダイエット外来にきても、受け付けてくれないということです。

肥満体型の方は、健康被害のリスクも高まります。

医学的に痩せる必要がある方でないと、ダイエット外来の門を叩くことはできないんです。

どれくらいの人が肥満なのかというと・・・。

 

  • BMI数値がが25以上であること。
  • 男性の場合は腹囲が85cm以上あること。
  • 女性の場合は腹囲が90cm以上あること。

 

上記に当てはまる人であれば、ダイエット外来を受けることができます。

 

BMIってなに?

BMIとは、Body Mass Indexの略になります。

日本語で表すと肥満指数と言い、以下の計算式で肥満度を求めることができます。

体重÷(身長(m)×身長(m))

標準体型の場合は、一般的に計算結果が22になります。

気になる方は、一度計算してみてくださいね。

 

健康保険適用は受けられるの?

続いて気になるのが金銭面ですよね。

日本には病院を利用する際には、ある条件のもと掛かった費用の3割負担で済む制度が設けられています。

実際に、ダイエット外来では健康保険の適用は受けられるのでしょうか?

10割負担と3割負担では金額に大きな差がありますよね。

 

そこで、調べてみると・・・。

健康被害のある病気として認定された場合は、健康保険の適用が受けられるそうです。

受けられる内容としては、以下のような病名が挙げられます。

  • 生活習慣病
  • メタボリックシンドローム
  • 高血圧症
  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • 脂肪肝
  • 肥満症
  • 脂質代謝異常症

など

該当するこれらの病気は、放置していくと命に危険を及ぼすリスクがあります。

そのため、ダイエットに限らず各病気にあった治療も一緒に行わなければなりません。

太っていることを軽視せず、早めに受診することも大切ですね。

 

確実に成功する?成功率は9割だけど・・・?

ダイエット外来に行くのは良いけど、お金や時間を掛けても痩せられなかったら・・・。

と不安に思う方も少なく無いのでは?

いくら専門医が指導してくれるとは言え、100%確実に痩せられるかと言われたらNOです。

ですが、約90%以上の人が成功しているのは事実。

 

残り10%が生まれる理由は何かというと、継続して通院できるかどうかに違いが出てくるからです。

ダイエット外来を始めたけれど、時間の確保ができなかった場合や通院までの距離が遠いなど、人によってさまざまな理由から諦めてしまう方もいます。

確実に結果を出すためにも、最後まで通院しなけらば意味がありません。

通院できるかどうかも、ダイエット外来を始めるための判断材料にする必要がでてきます。

 

ダイエット外来でできること~病院に通うメリット

では、ダイエット外来に通うことによって、どんなメリットがあるのでしょうか。

早速、確認してみましょう。

 

自分ではわかりにくい肥満の原因が正しく分かる

ダイエット外来では、どうして自分が肥満になってしまったのか科学的に調べることができます。

普段のダイエットではできない調査が行えるので、適格なダイエット法が見つけやすくなります。

行う検査方法には、血液検査や内蔵脂肪の有無を確認します。

特に内臓脂肪は、見た目以上についている場合があります。

隠れ肥満を見つけだすためには、最適な方法です。

 

また、これらの検査によって期せぬ病気を見つけ出すことも可能です。

肥満の原因が病気からきているとなれば、自分だけの力で改善するのは余計と難しくなりますよね。

早期発見であれば、あるほど改善の道も広がります。

 

無理なく理想的な痩せ方が出来る

ダイエットを行う上で減らして良いもののと、そうでないものがあります。

 

  • 減らして良いもの:体重、体脂肪率、脂肪量
  • 減らしたらよくないもの:徐脂肪量、体水分量

 

徐脂肪量と聞きなれない言葉が出てきましたが、これは自信の体重から脂肪だけを取り除いたもののことを指しています。

なので骨、筋肉、内臓といった身体に必要な分ということですね。

特に筋肉の量が減るのは、ダイエットを行うにあたってデメリットになります。

筋肉が落ちれば落ちるほど、代謝も落ちます

例え痩せられたとしても、筋肉量が減らば食事を減らしても太りやすくなるんです。

 

また、体内の水分が減ってもダイエットに成功したとは言えません。

水分がもとの状態に戻れば、体重も元の状態に戻るからです。

本当にダイエットが成功したといえる瞬間は、体重、体脂肪率、脂肪量が減った時です。

そのためにも、生活を送る必要があります。

こういった面でもダイエット外来では、適切な指示を出してくれます。

一人では改善できにくい部分まで細かくサポートしてくれるのは嬉しいですよね。

 

したくない無理な運動をすすめない

ダイエット外来では、無理強いはありません。

特に普段から運動していない人がいきなり始めると、思わぬ健康被害を招くリスクが高まります。

ダイエットには運動が必要、とよく耳にしますが、過度な運動はかえって良くありません。

ダイエット外来では、自分の身体にあった内容でダイエットプログラムが組み込まれていくので、運動を用いる辛いダイエットとはかけ離れています。

なので、運動が苦手・・・。

という方でも安心して治療を受けることが可能です。

 

これまでの食生活を無理なく見直していく

食事療法と聞くと、今までの食生活から180度変えた内容で取り組む印象がありますよね。

ですが、普段から甘いものや油物を多く摂取している人が、いきなり野菜だけ

なんて食生活に変えると、暴食を招くリスクが高まり危険です。

それだけ我慢が多いので、リバウンドしやすくなります。

ダイエット外来では、食事内容を極端に変えるのではなく、今まで食べていた調理内容から見直していきます。

 

なので、思っているよりも食事療法が苦痛に感じる人は少ないんだとか。

最大でも半年程度の時間をかけながら、今までの食事内容を変えていくので、焦らずストレスを抑えながら取り組むことができます。

また、食生活を見直していく中で、以下の3つの栄養素のバランスを意識するように指示される事が多くなります。

 

  • 糖質:エネルギーの源
  • タンパク質:身体全体の細胞を生成する源
  • 脂質:体内のコンディションを整える源

 

このように、身体の働きに必要な栄養素を偏るなく万遍に摂取できるようにすると、無意識のうちに身体に良くない食べ物を避けられるようになります。

体が本当に必要としている栄養素をしっかりと与えてあげる事が大切です。

 

食欲抑制剤などを併用する場合もある

人によっては、内服薬を使用して治療に挑む事があります。

主に以下のようなものが挙げられます。

 

  • サノレックス:食欲抑制
  • リダクティル:食欲抑制
  • コレバイン:脂肪吸収抑制

 

内容を見ていただくと分かるように、薬の力を借りて食欲や脂肪の蓄積を防ぐ目的で使用されます。

これらは、市販されているようなサプリとは異なり、医師の処方箋が必要な薬です。

指示された通りに飲み続けなければ、思わぬ悪影響を招く恐れもありますので、勝手に止めてり増やしたり、減らしたりといった行為は厳禁です!

 

太ももやお腹は脂肪溶解注射

チューブを入れて脂肪を吸引する方法は知名度は高いですが、実際に受けるとなると怖いですよね。

ダイレクトに脂肪が吸引される映像はダイエット企画のテレビでも放送されていて、見た事がある方は余計と不安を抱いてるのではないでしょうか?

ところが、脂肪を外側からの刺激で減らす方法には注射による治療もあります。

 

特に、太ももやお腹といった大きな部分では、脂肪を溶かす注射で除去することが可能です。

素人では解消しにくいセルライトにも有効的とされています。

気になる方は、一度どのような内容なのか医師に詳細を確認してみてはいかがでしょうか?

 

リバウンドしにくい身体をつくる

ダイエット外来では、

 

「とにかく痩せる」

 

と言ったよりも

 

「どれだけリバウンドが抑えて痩せられるか」

 

と言った内容で進め行きます。

そのため、結果を出すために必要な時間も多くなりがち。

なので、即効性を求めている人には向いていませんが、根元から太りやすい体質を改善したい人には最適です。

また、無理をするダイエット内容ではないので、自分に合った無駄の無い的確な痩せ方を探している方にも、オススメですね。

 

一緒にがんばってくれる人がいる

ダイエットをするとなると個人でやる事が多いですよね。

ですが、ダイエット外来では経験や知識が豊富な多くの人が関わり、自分と一緒に目標へと歩んでくれます。

ダイエット中は心が折れそうになる瞬間が多く道のりも険しいですよね。

 

そんな時、このような人達が側にいれば、不安や気になることを1つ1つ解決しながら取り組むことが可能になります。

 

  • 薬剤師
  • 栄養士
  • 心理カウンセラー

 

目の前に立ちはだかる壁が少なければ少ないほど、ダイエットにも取り組みやすくなるのではないでしょうか。

 

ダイエット外来のデメリット

最後に、ダイエット外来に通うことによって、どんなデメリットがあるのでしょうか。

後悔しないためにも、メリット以上に注意深く確認する必要がありますよね。

思っていることと相違がないかを、しっかりとすり合わせしておきましょう。

 

自由診療だと費用がかかる

個人差はありますが、どんな内容で治療を進めるかによって負担費用が大きくなります。

主にダイエット外来では、以下のような費用項目があります。

 

  • ダイエットの指導料
  • 薬代
  • 施術代

 

特に差が出てくるのが薬代です。

食欲や脂肪の蓄積を予防する薬以外にも、痩せやすい体質へと導くための漢方が用いられるケースがあります。

どの薬をどれだけ処方されるか。

症状が酷ければ酷いほど、費用が必要になってしまうのです。

中には、1ヶ月の治療で1万円程の薬代が必要になった方も居るとか。

ダイエット外来は、長いスパンで進めていくので、積み重なれば多額となりますよね。

 

また、肥満によって病気にかかっていた場合や、病気によって肥満になっている場合など、別の治療が必要な場合も費用が発生します。

どんな病気かによっては、全額自己負担となるケースもありますので、費用の面では余裕を持っていた方が良さそうですね。

ただ、金銭面でのデメリットを挙げましたが、それだけ適切な処置を医師の指導によって行うことができます。

自己判断でエステやジムにお金をかけた後にダイエット外来に来るより、早い段階で原因を知りダイエットに費用をかける方がお得なのではないでしょうか。

どちらの方法が後悔しない道なのか、そこを見極める事が重要となってきますね。

 

通院の手間がかかって続かなくなる可能性

ダイエット外来は、まだまだ世に出たばかり。

近くの病院なら何処でも受け付けているのかというと、そうではありません。

ダイエット外来がある病院は少なく、地域によっては近くに無い可能性もあります。

 

「出来るだけ近場で」

 

とダイエット外来を見つけ出しても通うのに負担が掛かれば継続しずらいですよね。

途中でやめてしまうリスクを下げるためにも、行くと決めたら通い続けられる工夫をしてみましょう!

例えば、ブログや知人への情報共有など、やめたくても辞められない環境を作るのも良いかもしれませんね。

 

最終的には自己管理が必要になる

長い月日をかけて痩せられた時。

その後の管理は自分自身で行わなくてはなりません。

ご褒美を自分に与えることは悪いことではありませんが、これまでの努力を無駄にしないための工夫が必要になります。

得られた結果を維持するためには、ダイエット期間で身につけた知識や習慣を忘れずに過ごしていきましょう。

 

まとめ

ダイエット外来では、無理なく自分に合わせた的確なダイエットを行うことができます。

知り得なかった知識も身につけられるので、自分一人でダイエットを行うよりも効果的です。

ただ、受けられる人とそうで無い人もいますので注意しましょう。

太ってしまう原因を根元から改善したい人ら、ぜひ一度ダイエット外来を検討してみてはいかがでしょうか。







よく読まれている記事


よく読まれている記事





-美容ダイエット情報

Copyright© コンブチャ大百科~Kombucha Encyclopedia~ , 2019 All Rights Reserved.