コンブチャ大百科~Kombucha Encyclopedia~

話題のコンブチャの様々なニュースを大公開!本当に痩せるコンブチャランキングを大公開!購入者の口コミ!実際のダイエット効果の真実をお伝えします!1ヶ月でどのくらい痩せられたのか検証しました!

美容ダイエット情報

お腹が空くと眠くなる?ダイエット中に襲ってくる強い眠気の原因とは?今すぐできる適切な解説法

更新日:

睡眠時間をしっかりと確保しているのに眠い…。

ダイエット中になると、起こりがちな悩みの1つですよね。

実は、この睡魔はダイエットが原因となっている可能性があります。

日中に支障をきたしている場合は、早急の対策が必要です。

今回は、ダイエットと睡魔に関する内容をまとめてみました。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

眠たい!ダイエット中の眠気の原因

なぜ、ダイエットをしている間に眠気が襲ってくるのでしょうか。

その原因として、活動に必要なエネルギーが足りていないことが挙げられます。

私たち人間は、糖質や脂肪、筋肉といったさまざまな場所からエネルギーを作り出しています。

このエネルギーによって体が動くようになているのです。

ところが、ダイエットを行うと今まで摂取できていたエネルギーの源となる栄養が不足し、必要なエネルギーが生み出せない状態が作られやすくなってしまいます。

 

エネルギーの源が足りない状態になると、身体を休ませるために睡眠を促すように。

臓器を動かすために必要なエネルギーが、優先順位の高い場所へと使用されていくため、身体を動かすために必要な部分まで行き渡らなくなってしまうのです。

特に、身体に指令をだす脳にはエネルギーとして糖質が必要です。

糖質は砂糖や炭水化物といったダイエット中に避けられがちな食材から摂取することができる栄養であるため、過度な食事制限を行うと脳に必要なエネルギーが不足します。

脳が上手く働かなくなると、思考が低下し眠気に襲われやすい状態に。

必要なエネルギーを蓄えるためにも、食事は適切に取る必要があります。

 

お腹が空くと眠くなる?

お腹がいっぱいになると眠くなる。

経験されたことがある方も多いのでは?

食事を体内に入れると、上昇した血糖値を正常に維持するために働いたり、消化するエネルギーが必要になります。

ここにエネルギーが集中することで、眠気に襲われやすくなるのです。

 

これに対して、お腹が空きすぎる状態でも眠気が起こります。

これは、先ほどご紹介したように、エネルギーが不足している状態が眠気を惹きおこっしています。

通常であれば、脳に必要な糖質エネルギーは、食事をすることで一度に吸収し、一定量でエネルギーとして消費していきます。

ですが、食事を制限することで糖質が減り、低血糖の状態に。

脳に送られるエネルギーが少なく、眠気を引き起こすことで必要な部分にエネルギーを与えて出来るだけエネルギーを温存しようと、眠気が引き起こされてしまうのです。

なので、空腹時に起きる眠気は低血糖な状態と言えます。

 

よく、集中力を上げるのにはブドウ糖を。

なんて言葉を耳にしませんか?

受験勉強中や集中力を高める際に、甘いものを摂取される方も多いと思います。

これは、脳に必要な糖質を効率よく摂取するためなんです。

 

空腹時の眠気の対処方法

では、ダイエット中に引き起こされる眠気を改善するにはどうしたら良いのでしょうか。

それは、簡単なことです。

脳に必要な糖質を摂取すること。

血液中の糖質が著しく少ない場合、眠気だけではなく健康被害へのリスクも高まります。

ダイエット中に糖質を摂取するのは、なんだか気が引けてしまうかもしれませんが、健康被害を予防するためにも積極的に取り入れていきましょう。

 

ここでおすすめしたい糖質が、白砂糖やブドウ糖です。

これらの糖質は、血液中に溶け込みやすい性質をもっています。

なので、他のどの糖質よりも効率よく吸収させることができます。

ダイエット中であれば、血液中に溶け込みやすいブドウ糖や白砂糖は本来、摂取するのは避けたいもの。

ですが、眠気に襲われているほどエネルギーが不足している状態では、関係ありません。

5g~10g程度のブドウ糖や白砂糖を口に含むか、これらが含まれているジュースなどのを摂取するようにしましょう。

 

糖質制限ダイエットでも眠気がおこる?その原因とは

糖質制限ダイエット。

言葉からして、脳へのエネルギーが不足するダイエット方法ですよね。

先ほどご紹介したように、過度な糖質カットは眠気を引き起こす元となります。

糖質ダイエットでは、糖質を抑えて脂肪から糖質を作り出し瘦せていくことが目的とされています。

 

ところが、簡単に脂肪から糖質が作り出されるわけではありません。

今まで送られてきた糖質が不足すれば、速やかに脂肪から糖質が生成されるのではなく、不足した状態が一時定期に継続します。

すると、脳へのエネルギーも行き渡らなくなり、眠くなります。

糖質制限ダイエットを始めて行った方や、始めたばかりの方の多くは、このダイエット方法を取り入れることで、眠気に襲われやすくなるのです。

 

タンパク質などの栄養成分の不足

糖質不足だけが眠気を引き起こす原因かというと、そうでもありません。

糖質不足していなくても、別の栄養が不足したことで眠気に襲われることがあるのです。

例えば、ダイエットに効果的な栄養として知られているタンパク質。

タンパク質には、糖質の代わりに脳のエネルギーとして働く役割もあります。

 

糖質が足りないなら、タンパク質で補おうとするんです。

ところが、タンパク質には筋肉や皮膚、ホルモンなどと、やらなけらばならない役割があります。

すると、糖質がすくなくなると、タンパク質が減り。

タンパク質が減ると、筋肉や神経伝達物質に必要な働きが不足していくことに…。

こうなると、脳の働きもグッと落ちていきます。

 

他にも、酸素を運ぶ鉄分が不足しても眠気が起こります。

十分な酸素が取り入れられなくなると、呼吸を減らして身体を休ませようと身体が反応します。

この反応によって、眠気が起こってしまうのです。

なので、鉄分やタンパク質といた栄養もしっかりと補う必要があります。

 

糖質を取りすぎると逆に眠気が起こる?

ここまで、糖質の量が減ることで眠気が襲われる。

とお伝えしましたが、摂り過ぎてしまっても眠気が引き起こされてしまいます。

これは、インスリンの分泌が影響しています。

 

  • 食事によって血糖値が上昇
  • インスリン分泌で糖質を吸収

 

といった流れが、私たちの身体の中では起きています。

ところが、大量の糖質を摂取すると、以下のような状態に陥ります。

 

  • 摂取した糖質が増えれば増えるほど、インスリンの分泌は増加。
  • インスリンが過剰に分泌された体内では、急激に血糖値が低下。
  • 血糖値を下げようと、多くのエネルギーが消費される。

 

すると身体では、できるだけエネルギーを温存しようと働きだします。

この働きによって睡魔に襲われ、体力をできるだけ消費しないようにと身体が反応してしまうのです。

他にも、糖質を過剰摂取していた人の場合では、糖質を減らした時にインスリンが大量分泌されます。

なので、糖質の過剰摂取も同じ症状を引き起こしやすくなります。

 

 

糖質ダイエットで眠気を引き起こさない対策法とは?

上記のような症状を抑えるためには、具体的にどのような対策を取り入れたら良いのでしょうか。

糖質摂りすぎてもダメ。

減らしすぎてもダメ。

となると、何をどうしたらよいのか混乱してしまいますよね。

そこで、糖質制限ダイエット中に意識したいコツについてまとめてみました。

対策を知るだけでも、ダイエット中に起こりがちな眠気を予防することができます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

体を低糖質状態に慣らそう

糖質の摂取量によって影響する眠気。

この眠気をコントロールするためには、低血糖状態を身体に覚えさせる必要があります。

そのためには、2つの事を意識してみてください。

 

野菜から食べること

まず1つ目は、食事を取る際には野菜から摂取するようにしましょう。

野菜には、食物繊維が豊富です。

この食物繊維には便秘改善効果があることで知られていますよね。

ところが、便秘改善効果意外にも糖質を吸収してくれる働きがあります。

野菜が糖質を吸収するということは、体内に入る糖質のスピードを遅らせてくれる効果が期待できるのです。

これだけで、インスリンの分泌量も急激ではなく緩やかになり、エネルギーを消費にも影響が少なくなります。

 

糖質は少しずつ減らすこと

2つ目は、糖質の量を少しずつ減らすことです。

一気に糖質を減らしてしまうと、上記でお伝えしたように身体がエネルギーを温存しようと働きだしてしまいます。

なので、少しずつ減らしていき身体が驚かないように対策していきましょう。

例えば、間食をしている人であれば間食する食材を変えてみることから始めてみるのがオススメです。

間食をしていなければ、1食分の食材を見直してみましょう。

早く痩せたいという気持ちは分かりますが、健康的に痩せるためにも少しずつ始めるのが最適です。

 

糖質の代わりに他の栄養素を補うことで眠気を撃退

糖質を抑えると、脳の働きが鈍りやすくなります。

それほど、糖質は脳にとって大切な栄養なのです。

ところが、ダイエットするためには無駄な糖質を抑えたい。

これら2つを解決するためには、糖質の代わりに別の栄養素をしっかりと取り入れるようにしましょう!

 

中でも意識したいのが、上記でもお伝えしたタンパク質です。

タンパク質には、糖質の代わりとなる働きもありますので、不足しないように積極的に取り入れてください。

また新陳代謝を促す効果も期待できるため、タンパク質はダイエット中に欠かせない栄養です。

肉類、魚類、牛乳、卵といったように、普段食べている食材から簡単に摂取できます。

また、1日の食事ではどうしても賄えないという場合にはサプリメントやプロテインを活用するのもオススメです。

 

他にも、ビタミンB群も大切です。

 

  • ビタミンB1:糖質に
  • ビタミンB2:脂質・糖質・たんぱく質に
  • ビタミンB6:タンパク質に

 

とそれぞれ各エネルギーに変える働きを持っています。

ビタミンB群は玄米やにんいく、レバーなど多くの食材から摂取することができますので、食材について一度確認してみましょう。

それぞれの栄養を意識するだけでも、食事の内容に変化が出てきますよ。

バランスよく食事をすることでエネルギー不足が補えますので、ぜひ食事内容を意識してみましょう。

 

それでもやっぱり眠い!そんなときはどうすればいい?

普段から食事を気にしていて、上記で紹介した栄養も取り入れているのに眠い…。

そんな時はどうすれば良いのか気になりますよね。

何をしても眠い時は、運動を取り入れるなど、身体を動かしてみましょう。

脳の活動を促すためには、十分な酸素も必要です。

 

適度な酸素を栄養を取り入れる以外に脳へと運ぶには、運動が最適です!

身体を適度に動かすことで血流が促され、酸素が運ばれやすくなります

栄養をしっかりと補っていれば、酸素が行き渡ることで栄養も一緒に届き、鈍った脳の動きを活性化させることが可能に。

 

ただ、運動と聞くと、抵抗を感じてしまう方も多いですよね。

ところが、眠気を飛ばす運動とは想像しているよりも、ラクな動きばかりです。

ストレッチ感覚で身体を伸ばしたり、少し立ち上がって移動するだけで大丈夫!

立ち上がることすら難しい場合は、顔の筋肉を動かすのもオススメです。

ただ、いきなり動かしても不自然なのでガムを用いてみるの良いかもしれませんね。

 

栄養ドリンクに頼らるはNG!

眠気を解消する=栄養ドリンク

そんな風に思われている方も多いのでは?

ところが、栄養ドリンクに頼る事はあまりオススメできません

もし、頼らなくても乗り切れる場合は、身体を動かすことをメインに取り入れてみてください。

 

栄養ドリンクには、糖質が含まれていて脳へのエネルギー補給として最適だと感じやすいですが、たっぷりとカフェインが含まれています。

カフェインの過剰摂取は依存症に繋がります。

脳を興奮させる作用がある反面、カフェイン中毒に陥りやすいのです。

中毒になれば、禁断症状として震えや動機を起こすリスクも高まります。

最悪、死を招く恐れも・・・

このようなリスクを抑えるためにも、どうしても耐えられない場合は栄養ドリンクではなく同じカフェインが含まれている飲料の中でも、少量な緑茶などを活用してみてください。

 

まとめ

いかがでしたか?

ダイエット中に起こる眠気は、エネルギーの源である糖質不足が主な原因であることが分かりましたね。

ただ、糖質のとり過ぎも眠気に繋がるということも判明しました。

ダイエット中の糖質を適度に抑えるためにも、緩やかに減らしていくことを意識してみてください。

また、眠気対策の栄養ドリンクもNG

運動や別の方法で改善してくことが健康にとっても大切です。

効率よく痩せていくためにも、リスク高い行為はできるだけ控えるようにしましょう!







よく読まれている記事


よく読まれている記事





-美容ダイエット情報

Copyright© コンブチャ大百科~Kombucha Encyclopedia~ , 2019 All Rights Reserved.